Skip to content

16. クッキークリッカー風のゲームを作る

ここまで学んだことを使って、クッキークリッカー風のゲームを作ります。

クッキークリッカーとは

クッキークリッカーとは、クッキーをクリックしてクッキーの数を増やしていくゲームです。増やしたクッキーは、クッキーを増やすためのアイテムを買うために使うことができます。2013 年にオリジナルのゲームが公開されて人気を博し、その後、様々なクッキークリッカー風のゲームが作られています。

完成図

完成プログラム
# include <Siv3D.hpp>

/// @brief アイテムのボタン
/// @param rect ボタンの領域
/// @param texture ボタンの絵文字
/// @param font 文字描画に使うフォント
/// @param name アイテムの名前
/// @param desc アイテムの説明
/// @param count アイテムの所持数
/// @param enabled ボタンを押せるか
/// @return ボタンが押された場合 true, それ以外の場合は false
bool Button(const Rect& rect, const Texture& texture, const Font& font, const String& name, const String& desc, int32 count, bool enabled)
{
    if (enabled)
    {
        rect.draw(ColorF{ 0.3, 0.5, 0.9, 0.8 });

        rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5, 0.7, 1.0 });

        if (rect.mouseOver())
        {
            Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
        }
    }
    else
    {
        rect.draw(ColorF{ 0.0, 0.4 });

        rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5 });
    }

    texture.scaled(0.5).drawAt(rect.x + 50, rect.y + 50);

    font(name).draw(30, rect.x + 100, rect.y + 15, Palette::White);

    font(desc).draw(18, rect.x + 102, rect.y + 60, Palette::White);

    font(count).draw(50, Arg::rightCenter((rect.x + rect.w - 20), (rect.y + 50)), Palette::White);

    return (enabled && rect.leftClicked());
}

void Main()
{
    // クッキーの絵文字
    const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

    // 農場の絵文字
    const Texture farmEmoji{ U"🌾"_emoji };

    // 工場の絵文字
    const Texture factoryEmoji{ U"🏭"_emoji };

    // フォント
    const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

    // クッキーのクリック円
    const Circle cookieCircle{ 170, 300, 100 };

    // クッキーの表示サイズ(倍率)
    double cookieScale = 1.5;

    // クッキーの個数
    double cookies = 0;

    // 農場の所有数
    int32 farmCount = 0;

    // 工場の所有数
    int32 factoryCount = 0;

    // 農場の価格
    int32 farmCost = 10;

    // 工場の価格
    int32 factoryCost = 100;

    // ゲームの経過時間の蓄積
    double accumulatedTime = 0.0;

    while (System::Update())
    {
        // クッキーの毎秒の生産量 (cookies per second) を計算する
        const int32 cps = (farmCount + factoryCount * 10);

        // ゲームの経過時間を加算する
        accumulatedTime += Scene::DeltaTime();

        // 0.1 秒以上蓄積していたら
        if (0.1 <= accumulatedTime)
        {
            accumulatedTime -= 0.1;

            // 0.1 秒分のクッキー生産を加算する
            cookies += (cps * 0.1);
        }

        // 農場の価格を計算する
        farmCost = 10 + (farmCount * 10);

        // 工場の価格を計算する
        factoryCost = 100 + (factoryCount * 100);

        // クッキー円上にマウスカーソルがあれば
        if (cookieCircle.mouseOver())
        {
            Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
        }

        // クッキー円が左クリックされたら
        if (cookieCircle.leftClicked())
        {
            cookieScale = 1.3;
            ++cookies;
        }

        // クッキーの表示サイズを回復する
        cookieScale += Scene::DeltaTime();

        if (1.5 < cookieScale)
        {
            cookieScale = 1.5;
        }

        // 背景を描く
        Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

        // クッキーの数を整数で表示する
        font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

        // クッキーの生産量を表示する
        font(U"毎秒: {}"_fmt(cps)).drawAt(24, 170, 160);

        // クッキーを描画する
        texture.scaled(cookieScale).drawAt(cookieCircle.center);

        // 農場ボタン
        if (Button(Rect{ 340, 40, 420, 100 }, farmEmoji, font, U"クッキー農場", U"C{} / 1 CPS"_fmt(farmCost), farmCount, (farmCost <= cookies)))
        {
            cookies -= farmCost;
            ++farmCount;
        }

        // 工場ボタン
        if (Button(Rect{ 340, 160, 420, 100 }, factoryEmoji, font, U"クッキー工場", U"C{} / 10 CPS"_fmt(factoryCost), factoryCount, (factoryCost <= cookies)))
        {
            cookies -= factoryCost;
            ++factoryCount;
        }
    }
}

16.1 背景とクッキーを描く

# include <Siv3D.hpp>

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	while (System::Update())
	{
		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(1.5).drawAt(170, 300);
	}
}

16.2 クッキーの個数を表示する

この先のステップで、0.1 秒ごとにクッキーの枚数を更新するため、クッキーの枚数は整数ではなく小数で管理します。表示するときは U"{:.0f}" で小数以下は表示しないようにします。

# include <Siv3D.hpp>

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	// フォント
	const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

	// クッキーの個数
	double cookies = 0;

	while (System::Update())
	{
		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーの数を整数で表示する
		font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(1.5).drawAt(170, 300);
	}
}

16.3 クッキーを押せるようにする

クッキーの領域に沿った Circle でマウス入力を処理します。

# include <Siv3D.hpp>

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	// フォント
	const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

	// クッキーのクリック円
	const Circle cookieCircle{ 170, 300, 100 };

	// クッキーの個数
	double cookies = 0;

	while (System::Update())
	{
		// クッキー円上にマウスカーソルがあれば
		if (cookieCircle.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}

		// クッキー円が左クリックされたら
		if (cookieCircle.leftClicked())
		{
			++cookies;
		}

		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーの数を整数で表示する
		font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(1.5).drawAt(cookieCircle.center);
	}
}

16.4 クッキーを押したときのモーションを付ける

クッキーを左クリックしたときにクッキーのサイズを小さくし、時間の経過とともにサイズを元に戻します。

# include <Siv3D.hpp>

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	// フォント
	const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

	// クッキーのクリック円
	const Circle cookieCircle{ 170, 300, 100 };

	// クッキーの表示サイズ(倍率)
	double cookieScale = 1.5;

	// クッキーの個数
	double cookies = 0;

	while (System::Update())
	{
		// クッキー円上にマウスカーソルがあれば
		if (cookieCircle.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}

		// クッキー円が左クリックされたら
		if (cookieCircle.leftClicked())
		{
			cookieScale = 1.3;
			++cookies;
		}

		// クッキーの表示サイズを回復する
		cookieScale += Scene::DeltaTime();

		if (1.5 < cookieScale)
		{
			cookieScale = 1.5;
		}

		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーの数を整数で表示する
		font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(cookieScale).drawAt(cookieCircle.center);
	}
}

16.5 アイテムのボタンを作る (1)

アイテム用のボタンを処理する関数を作ります。

# include <Siv3D.hpp>

/// @brief アイテムのボタン
/// @param rect ボタンの領域
/// @param texture ボタンの絵文字
/// @param enabled ボタンを押せるか
/// @return ボタンが押された場合 true, それ以外の場合は false
bool Button(const Rect& rect, const Texture& texture, bool enabled)
{
	if (enabled)
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.3, 0.5, 0.9, 0.8 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5, 0.7, 1.0 });

		if (rect.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}
	}
	else
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.0, 0.4 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5 });
	}

	texture.scaled(0.5).drawAt(rect.x + 50, rect.y + 50);

	return (enabled && rect.leftClicked());
}

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	// 農場の絵文字
	const Texture farmEmoji{ U"🌾"_emoji };

	// 工場の絵文字
	const Texture factoryEmoji{ U"🏭"_emoji };

	// フォント
	const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

	// クッキーのクリック円
	const Circle cookieCircle{ 170, 300, 100 };

	// クッキーの表示サイズ(倍率)
	double cookieScale = 1.5;

	// クッキーの個数
	double cookies = 0;

	while (System::Update())
	{
		// クッキー円上にマウスカーソルがあれば
		if (cookieCircle.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}

		// クッキー円が左クリックされたら
		if (cookieCircle.leftClicked())
		{
			cookieScale = 1.3;
			++cookies;
		}

		// クッキーの表示サイズを回復する
		cookieScale += Scene::DeltaTime();

		if (1.5 < cookieScale)
		{
			cookieScale = 1.5;
		}

		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーの数を整数で表示する
		font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(cookieScale).drawAt(cookieCircle.center);

		// 農場のボタン
		Button(Rect{ 340, 40, 420, 100 }, farmEmoji, true);

		// 工場のボタン
		Button(Rect{ 340, 160, 420, 100 }, factoryEmoji, false);
	}
}

16.6 アイテムのボタンを作る (2)

ボタンに仮の説明文と数字を加えます。

# include <Siv3D.hpp>

/// @brief アイテムのボタン
/// @param rect ボタンの領域
/// @param texture ボタンの絵文字
/// @param font 文字描画に使うフォント
/// @param name アイテムの名前
/// @param desc アイテムの説明
/// @param count アイテムの所持数
/// @param enabled ボタンを押せるか
/// @return ボタンが押された場合 true, それ以外の場合は false
bool Button(const Rect& rect, const Texture& texture, const Font& font, const String& name, const String& desc, int32 count, bool enabled)
{
	if (enabled)
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.3, 0.5, 0.9, 0.8 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5, 0.7, 1.0 });

		if (rect.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}
	}
	else
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.0, 0.4 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5 });
	}

	texture.scaled(0.5).drawAt(rect.x + 50, rect.y + 50);

	font(name).draw(30, rect.x + 100, rect.y + 15, Palette::White);

	font(desc).draw(18, rect.x + 102, rect.y + 60, Palette::White);

	font(count).draw(50, Arg::rightCenter((rect.x + rect.w - 20), (rect.y + 50)), Palette::White);

	return (enabled && rect.leftClicked());
}

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	// 農場の絵文字
	const Texture farmEmoji{ U"🌾"_emoji };

	// 工場の絵文字
	const Texture factoryEmoji{ U"🏭"_emoji };

	// フォント
	const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

	// クッキーのクリック円
	const Circle cookieCircle{ 170, 300, 100 };

	// クッキーの表示サイズ(倍率)
	double cookieScale = 1.5;

	// クッキーの個数
	double cookies = 0;

	while (System::Update())
	{
		// クッキー円上にマウスカーソルがあれば
		if (cookieCircle.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}

		// クッキー円が左クリックされたら
		if (cookieCircle.leftClicked())
		{
			cookieScale = 1.3;
			++cookies;
		}

		// クッキーの表示サイズを回復する
		cookieScale += Scene::DeltaTime();

		if (1.5 < cookieScale)
		{
			cookieScale = 1.5;
		}

		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーの数を整数で表示する
		font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(cookieScale).drawAt(cookieCircle.center);

		// 農場のボタン
		Button(Rect{ 340, 40, 420, 100 }, farmEmoji, font, U"クッキー農場", U"C10 / 1 CPS", 0, true);

		// 工場のボタン
		Button(Rect{ 340, 160, 420, 100 }, factoryEmoji, font, U"クッキー工場", U"C100 / 10 CPS", 0, false);
	}
}

16.7 変数とボタンの表示を連動させる

ゲームの状態とボタンの表示を連動させます。

# include <Siv3D.hpp>

/// @brief アイテムのボタン
/// @param rect ボタンの領域
/// @param texture ボタンの絵文字
/// @param font 文字描画に使うフォント
/// @param name アイテムの名前
/// @param desc アイテムの説明
/// @param count アイテムの所持数
/// @param enabled ボタンを押せるか
/// @return ボタンが押された場合 true, それ以外の場合は false
bool Button(const Rect& rect, const Texture& texture, const Font& font, const String& name, const String& desc, int32 count, bool enabled)
{
	if (enabled)
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.3, 0.5, 0.9, 0.8 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5, 0.7, 1.0 });

		if (rect.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}
	}
	else
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.0, 0.4 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5 });
	}

	texture.scaled(0.5).drawAt(rect.x + 50, rect.y + 50);

	font(name).draw(30, rect.x + 100, rect.y + 15, Palette::White);

	font(desc).draw(18, rect.x + 102, rect.y + 60, Palette::White);

	font(count).draw(50, Arg::rightCenter((rect.x + rect.w - 20), (rect.y + 50)), Palette::White);

	return (enabled && rect.leftClicked());
}

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	// 農場の絵文字
	const Texture farmEmoji{ U"🌾"_emoji };

	// 工場の絵文字
	const Texture factoryEmoji{ U"🏭"_emoji };

	// フォント
	const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

	// クッキーのクリック円
	const Circle cookieCircle{ 170, 300, 100 };

	// クッキーの表示サイズ(倍率)
	double cookieScale = 1.5;

	// クッキーの個数
	double cookies = 0;

	// 農場の所有数
	int32 farmCount = 0;

	// 工場の所有数
	int32 factoryCount = 0;

	// 農場の価格
	int32 farmCost = 10;

	// 工場の価格
	int32 factoryCost = 100;

	while (System::Update())
	{
		// クッキー円上にマウスカーソルがあれば
		if (cookieCircle.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}

		// クッキー円が左クリックされたら
		if (cookieCircle.leftClicked())
		{
			cookieScale = 1.3;
			++cookies;
		}

		// クッキーの表示サイズを回復する
		cookieScale += Scene::DeltaTime();

		if (1.5 < cookieScale)
		{
			cookieScale = 1.5;
		}

		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーの数を整数で表示する
		font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(cookieScale).drawAt(cookieCircle.center);

		// 農場ボタン
		if (Button(Rect{ 340, 40, 420, 100 }, farmEmoji, font, U"クッキー農場", U"C{} / 1 CPS"_fmt(farmCost), farmCount, (farmCost <= cookies)))
		{
			cookies -= farmCost;
			++farmCount;
		}

		// 工場ボタン
		if (Button(Rect{ 340, 160, 420, 100 }, factoryEmoji, font, U"クッキー工場", U"C{} / 10 CPS"_fmt(factoryCost), factoryCount, (factoryCost <= cookies)))
		{
			cookies -= factoryCost;
			++factoryCount;
		}
	}
}

16.8 クッキーの自動生産

アイテムの所有数に応じてクッキーが自動で増えるようにします。具体的には、0.1 秒ごとに、毎秒のクッキー生産量の 10% を獲得するようにします。

# include <Siv3D.hpp>

/// @brief アイテムのボタン
/// @param rect ボタンの領域
/// @param texture ボタンの絵文字
/// @param font 文字描画に使うフォント
/// @param name アイテムの名前
/// @param desc アイテムの説明
/// @param count アイテムの所持数
/// @param enabled ボタンを押せるか
/// @return ボタンが押された場合 true, それ以外の場合は false
bool Button(const Rect& rect, const Texture& texture, const Font& font, const String& name, const String& desc, int32 count, bool enabled)
{
	if (enabled)
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.3, 0.5, 0.9, 0.8 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5, 0.7, 1.0 });

		if (rect.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}
	}
	else
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.0, 0.4 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5 });
	}

	texture.scaled(0.5).drawAt(rect.x + 50, rect.y + 50);

	font(name).draw(30, rect.x + 100, rect.y + 15, Palette::White);

	font(desc).draw(18, rect.x + 102, rect.y + 60, Palette::White);

	font(count).draw(50, Arg::rightCenter((rect.x + rect.w - 20), (rect.y + 50)), Palette::White);

	return (enabled && rect.leftClicked());
}

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	// 農場の絵文字
	const Texture farmEmoji{ U"🌾"_emoji };

	// 工場の絵文字
	const Texture factoryEmoji{ U"🏭"_emoji };

	// フォント
	const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

	// クッキーのクリック円
	const Circle cookieCircle{ 170, 300, 100 };

	// クッキーの表示サイズ(倍率)
	double cookieScale = 1.5;

	// クッキーの個数
	double cookies = 0;

	// 農場の所有数
	int32 farmCount = 0;

	// 工場の所有数
	int32 factoryCount = 0;

	// 農場の価格
	int32 farmCost = 10;

	// 工場の価格
	int32 factoryCost = 100;

	// ゲームの経過時間の蓄積
	double accumulatedTime = 0.0;

	while (System::Update())
	{
		// クッキーの毎秒の生産量 (cookies per second) を計算する
		const int32 cps = (farmCount + factoryCount * 10);

		// ゲームの経過時間を加算する
		accumulatedTime += Scene::DeltaTime();

		// 0.1 秒以上蓄積していたら
		if (0.1 <= accumulatedTime)
		{
			accumulatedTime -= 0.1;

			// 0.1 秒分のクッキー生産を加算する
			cookies += (cps * 0.1);
		}

		// クッキー円上にマウスカーソルがあれば
		if (cookieCircle.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}

		// クッキー円が左クリックされたら
		if (cookieCircle.leftClicked())
		{
			cookieScale = 1.3;
			++cookies;
		}

		// クッキーの表示サイズを回復する
		cookieScale += Scene::DeltaTime();

		if (1.5 < cookieScale)
		{
			cookieScale = 1.5;
		}

		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーの数を整数で表示する
		font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

		// クッキーの生産量を表示する
		font(U"毎秒: {}"_fmt(cps)).drawAt(24, 170, 160);

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(cookieScale).drawAt(cookieCircle.center);

		// 農場ボタン
		if (Button(Rect{ 340, 40, 420, 100 }, farmEmoji, font, U"クッキー農場", U"C{} / 1 CPS"_fmt(farmCost), farmCount, (farmCost <= cookies)))
		{
			cookies -= farmCost;
			++farmCount;
		}

		// 工場ボタン
		if (Button(Rect{ 340, 160, 420, 100 }, factoryEmoji, font, U"クッキー工場", U"C{} / 10 CPS"_fmt(factoryCost), factoryCount, (factoryCost <= cookies)))
		{
			cookies -= factoryCost;
			++factoryCount;
		}
	}
}

16.9 (完成)アイテムのインフレを実装する

アイテムの所有数が増えたときに、アイテムの価格がインフレするようにします。

# include <Siv3D.hpp>

/// @brief アイテムのボタン
/// @param rect ボタンの領域
/// @param texture ボタンの絵文字
/// @param font 文字描画に使うフォント
/// @param name アイテムの名前
/// @param desc アイテムの説明
/// @param count アイテムの所持数
/// @param enabled ボタンを押せるか
/// @return ボタンが押された場合 true, それ以外の場合は false
bool Button(const Rect& rect, const Texture& texture, const Font& font, const String& name, const String& desc, int32 count, bool enabled)
{
	if (enabled)
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.3, 0.5, 0.9, 0.8 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5, 0.7, 1.0 });

		if (rect.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}
	}
	else
	{
		rect.draw(ColorF{ 0.0, 0.4 });

		rect.drawFrame(2, 2, ColorF{ 0.5 });
	}

	texture.scaled(0.5).drawAt(rect.x + 50, rect.y + 50);

	font(name).draw(30, rect.x + 100, rect.y + 15, Palette::White);

	font(desc).draw(18, rect.x + 102, rect.y + 60, Palette::White);

	font(count).draw(50, Arg::rightCenter((rect.x + rect.w - 20), (rect.y + 50)), Palette::White);

	return (enabled && rect.leftClicked());
}

void Main()
{
	// クッキーの絵文字
	const Texture texture{ U"🍪"_emoji };

	// 農場の絵文字
	const Texture farmEmoji{ U"🌾"_emoji };

	// 工場の絵文字
	const Texture factoryEmoji{ U"🏭"_emoji };

	// フォント
	const Font font{ FontMethod::MSDF, 48, Typeface::Bold };

	// クッキーのクリック円
	const Circle cookieCircle{ 170, 300, 100 };

	// クッキーの表示サイズ(倍率)
	double cookieScale = 1.5;

	// クッキーの個数
	double cookies = 0;

	// 農場の所有数
	int32 farmCount = 0;

	// 工場の所有数
	int32 factoryCount = 0;

	// 農場の価格
	int32 farmCost = 10;

	// 工場の価格
	int32 factoryCost = 100;

	// ゲームの経過時間の蓄積
	double accumulatedTime = 0.0;

	while (System::Update())
	{
		// クッキーの毎秒の生産量 (cookies per second) を計算する
		const int32 cps = (farmCount + factoryCount * 10);

		// ゲームの経過時間を加算する
		accumulatedTime += Scene::DeltaTime();

		// 0.1 秒以上蓄積していたら
		if (0.1 <= accumulatedTime)
		{
			accumulatedTime -= 0.1;

			// 0.1 秒分のクッキー生産を加算する
			cookies += (cps * 0.1);
		}

		// 農場の価格を計算する
		farmCost = 10 + (farmCount * 10);

		// 工場の価格を計算する
		factoryCost = 100 + (factoryCount * 100);

		// クッキー円上にマウスカーソルがあれば
		if (cookieCircle.mouseOver())
		{
			Cursor::RequestStyle(CursorStyle::Hand);
		}

		// クッキー円が左クリックされたら
		if (cookieCircle.leftClicked())
		{
			cookieScale = 1.3;
			++cookies;
		}

		// クッキーの表示サイズを回復する
		cookieScale += Scene::DeltaTime();

		if (1.5 < cookieScale)
		{
			cookieScale = 1.5;
		}

		// 背景を描く
		Rect{ 0, 0, 800, 600 }.draw(Arg::top = ColorF{ 0.6, 0.5, 0.3 }, Arg::bottom = ColorF{ 0.2, 0.5, 0.3 });

		// クッキーの数を整数で表示する
		font(U"{:.0f}"_fmt(cookies)).drawAt(60, 170, 100);

		// クッキーの生産量を表示する
		font(U"毎秒: {}"_fmt(cps)).drawAt(24, 170, 160);

		// クッキーを描画する
		texture.scaled(cookieScale).drawAt(cookieCircle.center);

		// 農場ボタン
		if (Button(Rect{ 340, 40, 420, 100 }, farmEmoji, font, U"クッキー農場", U"C{} / 1 CPS"_fmt(farmCost), farmCount, (farmCost <= cookies)))
		{
			cookies -= farmCost;
			++farmCount;
		}

		// 工場ボタン
		if (Button(Rect{ 340, 160, 420, 100 }, factoryEmoji, font, U"クッキー工場", U"C{} / 10 CPS"_fmt(factoryCost), factoryCount, (factoryCost <= cookies)))
		{
			cookies -= factoryCost;
			++factoryCount;
		}
	}
}