Skip to content

Windows で Siv3D プログラミングを始める

1. システム要件

1.1 開発者システム要件

Windows で OpenSiv3D v0.6.6 プログラミングをするのに必要な開発環境です。

OS Windows 10 (64-bit) / Windows 11
CPU Intel または AMD 製の CPU
映像出力 モニタなど、何らかの映像出力装置があること
音声出力 何らかの音声出力装置があること
開発環境 Microsoft Visual C++ 2022 17.4
(インストーラ内で「C++ によるデスクトップ開発」を追加インストールしてください)
Visual Studio のエディションについて

Windows 10, Windows 11 のパソコンで Siv3D プログラミングをする場合は「Visual Studio Community 2022(ビジュアル・スタジオ・コミュニティ 2022)」を使うのが便利です。これは世界中のプロフェッショナルのソフトウェア開発者が使う「Visual Studio」という統合開発環境の無料版です。学生、個人、少規模の開発であれば、Visual Studio の有料版と同じ機能を無料で使えます。

Visual Studio のインストール手順について

Visual Studio ダウンロードページ から「Visual Studio 2022 コミュニティ」のインストーラをダウンロードし実行します。

インストーラを実行すると、インストールするプログラミング言語や開発ツールを選択する次のような画面が出てきます。インストール項目の選択画面から「C++ によるデスクトップ開発」を選択します(右側の「インストールの詳細」に表示される項目は Visual Studio のバージョンによって異なるため、気にする必要はありません)。

そのまま右下の 「インストール」 ボタンを押せば、C++ プログラミングに必要なツールのインストールがはじまります。

1.2 アプリ動作システム要件

Windows で OpenSiv3D v0.6.6 を使って開発されたアプリケーションを実行するのに必要な環境です。ゲームやアプリを配布するときの説明書に記載すると良いでしょう。

OS Windows 7 SP1 (64-bit) / Windows 8.1 (64-bit) / Windows 10 (64-bit) / Windows 11
CPU Intel または AMD 製の CPU
映像出力 モニタなど、何らかの映像出力装置があること
音声出力 何らかの音声出力装置があること

2. SDK のインストール

  1. OpenSiv3D v0.6.6 Installer for Windows Desktop をダウンロードして実行します
  2. 実行時に「Windows によって PC が保護されました」と表示された場合は、詳細情報を押して実行を押します
どうしても失敗する場合は

インストーラの実行に失敗する場合は、このページの「(補足) SDK を手動インストールする」の方法で SDK をインストールしてください。

インストーラが自動的に行うこと
  • SDK の配置(デフォルトではドキュメントフォルダ)
  • SDK を配置したパスへのユーザ環境変数の設定
  • Siv3D プロジェクト用の Visual Studio プロジェクトテンプレートのコピー (通常は ドキュメント/Visual Studio 2022/Templates/ProjectTemplates/)
  • アンインストーラの登録
インストールした OpenSiv3D SDK を削除するには

OpenSiv3D SDK は、通常のアプリケーションと同様、Windows の「設定」からアンインストールします。

3. Siv3D プロジェクトの作成

  1. Visual Studio のスタート画面で 新しいプロジェクトの作成 をクリックします
  2. プロジェクト テンプレートの項目から OpenSiv3D を選択し、次へ を押します
  3. プロジェクト名と保存場所を入力し(任意)、作成 を押します

4. Siv3D アプリのビルド

  1. プロジェクトを作成すると、サンプルプログラム (Main.cpp) が最初から用意されています
  2. ビルド メニューからプロジェクトをビルドします
  3. デバッグ メニューの デバッグの開始 でビルドしたプログラムを実行します
  4. 実行中のプログラムは、Esc を押すか、ウィンドウを閉じると終了します

(補足) SDK を手動インストールする

OpenSiv3D インストーラが正常に実行されない場合、代わりに手作業で OpenSiv3D をインストールできます。手順は次の通りです。

SDK を手動インストールする場合の手順

SDK ファイルの配置と環境変数の設定

  1. OpenSiv3D_SDK_0.6.6.zip (サイズ: 約 88 MB) をダウンロードして展開し、中身をドキュメントフォルダ(.../Documents)に次のように配置します
    • .../Documents/OpenSiv3D_SDK_0.6.6/addon
    • .../Documents/OpenSiv3D_SDK_0.6.6/include
    • .../Documents/OpenSiv3D_SDK_0.6.6/lib
  2. ユーザー環境変数 SIV3D_0_6_6 を新規作成し、1. で配置した OpenSiv3D SDK のフォルダのパスを設定します
    • 例: C:/Users/Siv3D/Documents/OpenSiv3D_SDK_0.6.6/include のように配置した場合、C:/Users/Siv3D/Documents/OpenSiv3D_SDK_0.6.6 を環境変数 SIV3D_0_6_6 に設定します

Visual Studio プロジェクトテンプレートの配置

  1. Visual Studio 用プロジェクトテンプレート OpenSiv3D_0.6.6.zip (サイズ: 約 63 MB) をダウンロードし、そのファイルを展開せず ZIP ファイルのまま、Visual Studio 2022 インストール時にドキュメントフォルダに作成される Visual Studio 2022/Templates/ProjectTemplates/ フォルダの中に配置します

以上で手動インストールの手順は完了です。環境変数の適用を確実にするために PC を再起動したのち、本ページの 3. の手順に進んでください